クレジットの強制没収は、その名前の通り理由の如何にかかわらずクレジットを没収(停止)されてしまうことです。強制没収された場合には当たり前だがそのクレカがその時点より先利用不可になります。強制没収扱いとなる原因は多岐に渡る)クレジットを理由の如何にかかわらず失効させられるパターンは様々。基本はいつもの支払いにて切るなど特段の事情なくクレジットを用いている場合にはみなさんが強制退会扱いとなってしまう事情などはそうないため心配なさらずにいて頂きたいのですが、没収となりうる事情に関して記憶しておくということができればクレジットカードが一層気持よく使えるようにもなる考えられるため、パターンの具体例に関して説明できたらと考えています。まず言えることはクレジットカード会社に対して信頼されなくなってしまう取引をすることもしくはカード会社へ不利益となりうる行動をしないのであれば間違いなく失効はないのではないでしょうか。安心して利用するということが最も重要ですので、これまでに当てはまる類の振る舞いをやった心当たりのある人は、これからはいい履歴とできるよう精進して頂きたいと思います。請求代金を支払いしない>こういったこと甚だ言わずもがなの行為でありますが、使った代金をカードの発行会社に支払いしない利用料の踏み倒しをする、日頃からの借入生活のために費用の弁済が滞ってしまうという場合には間違いなく没収という処理がされてしまうことでしょう。基本的にクレジットカード発行会社はあなたのことを信用しているからクレジットカードを渡しているわけであるから、返済しない場合にはそこまでの信用は完璧に崩れ去ってしまうことになります。結果、クレジットカードを利用不可にするという手続きでそれ以上の損害を未然に止めることを要するので強制退会となってしまうのです。